下請けに任せている翻訳会社に見極め方

翻訳会社とは一言でいっても、その中身のサービスを見ていくと実はその会社が直接的にサービスを提供しているわけではないということも珍しくはありません。

特に、近年は翻訳会社であっても下請けに対して原文を提供してその下請けに全ての翻訳を任せるようなところも登場しています。こういった下請けに任せてしまうような会社の品質は、それほど高くはない可能性があるため注意をしなくてはいけません。下請けに任せるような会社の見分け方というのは、ネイティブが本当に在籍しているかどうかで簡単にわかる可能性があります。

実際に、優秀な翻訳会社にはネイティブを複数在籍させています。確かに、世界的には英語が主流になっていますので、英語を使えるネイティブさえ存在すればそれで良いと考えるところもあります。しかし、専門的な文章をインターネットなどを通して公開する時には、様々な言語に翻訳をして公開しなくてはいけません。

その他の国に対しても情報発信をする時には、その国の言語に翻訳をしないと情報を正確に伝えることができなくなるからです。また、英語の中にもイギリスで使うような英語とアメリカで使うような英語では表現の方法が全く違います。そのため、これらの表現方法の違いをうまく見極めることができるような人材がいないと、優秀な翻訳を提供することができなくなります。ですから、優秀な翻訳会社では下請けに任せたりせず、在籍させているネイティブと協力をして品質の良い文章を提供しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *