海外製品のマニュアル翻訳は、翻訳会社に相談

オフィスに海外製のパソコン周辺機器を導入したが、付属したマニュアルが英語や中国語で書かれており、正しい内容が把握出来ない、こういったトラブルに見舞われた事はないでしょうか。

最近は安価な海外製のデジタル機器が、ネットショッピングを通して気軽に買えます。日本製のパソコン周辺機器は便利ですが、大量にオフィスへ導入すると、コストがかかるのが少々ネックです。一方で米国製や中国製の物ならコストパフォーマンスが高く、近頃では品質も向上しているので、なおのこと費用対効果が高くなります。ただ肝心の製品マニュアルが英語または中国語では安心して、新しい機器を使えません。

基本的な機能はマニュアルの英文や中国語を手探りで読解しながら使えるかもしれませんが、万が一製品でトラブルが起きた時、外国語の説明文を読みながら改善策を講じるのは困難です。そんなピンチの時は翻訳会社に相談するのがオススメです。

翻訳会社に、製品マニュアルの和訳依頼を出せば、説明書を丸ごと一冊、綺麗に日本語の文章に訳してもらえます。プリンタやスキャナやマウス、Bluetoothヘッドホンなど、製品の種類に関わらず翻訳会社のスタッフは迅速かつ高品質な和訳を行ってくれます。翻訳会社への相談方法ですが、最近はインターネットで行うのが主流です。翻訳会社のHPにアクセスして、そこに設置された連絡用のフォームで相談をしたり、Eメールで和訳の旨を依頼するのが一般的な流れです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *