美術書の和訳は翻訳会社に依頼しましょう

漫画やアニメは日本が誇る立派なサブカルチャーです。

すでに世界各国で日本で誕生した作品は軒並み高い評価を得ています。かつては子ども向けのメディアでしたが、今では多種多彩な作品が増えてきており、老若男女問わず日常的に漫画やアニメに慣れ親しむ時代になりました。ディフォルメされた絵を描くのが、アニメや漫画の特徴ですが、いわゆる美術の基本的な知識がそこには必須です。実際に一流のプロの方々は、海外の美術書で過去に学び、その高いデッサン力を体得しているのです。

クオリティの高い解剖学やデッサンの技術書、遠近法のハウツー本は米国で多く出版されています。一部は日本語で訳された日本語版が国内の出版社から出ていますが、硬派な美術書は出版されておらず、美術を本気で学びたい学生は独学で英文の専門書を訳さなければいけません。ただ漫画やアニメの独学を続けながら難解な海外の美術書の和訳を進めるのは大変な事です。そこで翻訳会社を利用する方法があります。

翻訳会社に相談をすれば、丸々海外の専門書を一冊、個人でも訳してもらえます。翻訳会社は普通の学生やアニメーター、漫画家志望の若者でも利用可能です。美術の世界に精通した翻訳家が働く翻訳会社があり、そういった場所に依頼を出せば、より高品質な和訳結果が得られます。解剖学や遠近法の世界では、さらに独特の英文や言い回しが使われており、出来れば専門の世界に明るいプロに依頼を出した方が、日本語として理解しやすい翻訳になり、独学が捗ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *