外国の翻訳会社に依頼する方法もある

日本で適当な翻訳会社が見つからない場合は、外国の会社に頼む方法があります。

この時に大切なことは、日本人のいる翻訳会社を見つけることです。日本人が働いていれば、日本語でやり取りができるので依頼するのがスムーズになります。日本人のいる会社を探すのはやや手間がかかります。日本人のスタッフという英語のキーワードを使って探してみましょう。アメリカやイギリスだったら、日本人のいる翻訳会社を見つけるのはそれほど難しいことではありません。

アジアにある会社でも見つけられることがあります。もし見つかったら、日本語でメールを送って仕事のことを頼みます。外国の会社に頼むことにはいくつかのメリットがあります。例えば、その会社がある国の会社と取引をする場合は、日本人には分かりにくいビジネス上の慣習を教えてもらえるでしょう。また日本人ではなく、ネーティブが訳すので自然な翻訳が完成します。料金の支払いに手間取るかもしれませんが、先進国だったら日本の銀行が現地に店舗を持っていることが多いので、そこを使って支払いができます。クレジットカードを使う方法もあります。

これは即座に入金できるメリットがあります。外国の会社の中にはクレジットカードによる決済を採用しているところが少なくありません。時差を利用した翻訳の依頼も可能です。急ぎの翻訳が必要な時に、これは特に役立ちます。日本で夜間でも、その国が昼間だったら、翻訳を進めるのは難しくありません。すぐに終わらせて日本に送ってもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *