翻訳会社とソフトのどちらが良いか

現在は科学が発達して、高度な翻訳ソフトが作られています。

それを使えば、ビジネスに使う文書を訳す時にうまくいく場合があります。翻訳ソフトは導入時にお金が必要になりますが、一度導入すればそれ以降は翻訳会社に依頼するコストを抑えられるかもしれません。高度なものでなかったらソフトでも良いのですが、どうしても翻訳会社に頼んだ方が良い場合もあります。例えば、医学の翻訳はソフトよりも、翻訳会社に頼んだ方が確実です。医学の場合は人の生命に関わることがあるので、ミスは許されません。ソフトを使ってもある程度正確な翻訳はできますが、ミスが起こる恐れがあります。

人間もミスを犯しますが、校正を経ることによってそのミスを修正できます。またソフトと異なり、文脈を読み取る力があるので、的外れな訳文は少なくなります。翻訳会社でもソフトは使われています。特に大量の文書を訳す時は、ソフトを使うのが効率的です。ソフトの場合は一度覚えさせた訳を忘れないと言うメリットがあります。人間はどうしても忘れてしまうことがあるので、この点はソフトにかないません。

またある程度パターンの決まった単純な文章だったら、ソフトは迅速に訳すことができます。しかし、たとえ早く訳した時でも人間によるチェックは必要です。思わぬミスが見つかることもあります。人間がチェックしたら、そのようなミスも見つけられるので正確な翻訳が完成します。ソフトでそれは不可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *