翻訳会社に必要なスキルを知っておこう

専門的な翻訳会社に求められる素養は、単純な翻訳能力だけではありません。

原稿を渡された時にどのような翻訳が最も適しているのか、ということを判断するための能力も非常に大切になります。一般的に、こういった翻訳会社側の優秀さを判断するためには、そこのスタッフの対応を調べておけばわかります。例えば、コーディネーターを調べることです。翻訳会社を初めて利用する時には、そこで担当しているコーディネーターが原稿文などを読み解いて、どのような過程で作業を行っていくのかということを決めていくことになります。こういった相談というのは、クライアントを交えて行うことになりますので、納期に関してもそこで決めることが一般的です。

つまり、渡された資料から様々な情報を分析して正確な分析ができるかどうかということが非常に大切になるわけです。一見してそういった情報を分析しなくてはいけないので、こうした会社のコーディネーターというのは、非常に高い能力が要求されます。言い換えると、相談段階でこういったスタッフの対応が悪いと、その会社の翻訳能力はそれほど高くはないことがわかります。

現実的にも、かたい文章と柔らかい文章というのは全く質が異なります。原稿には様々な種類が存在していますので、機械的にかたい訳せばいいというわけではありません。翻訳のニュアンスを含めて翻訳をして欲しいと考えるクライアントも非常に多いため、この辺りのクライアントの心情もきちんと汲み取ることができるだけの能力が翻訳会社には問われるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *