翻訳会社を使い分けよう

翻訳会社を上手に使い分けることがビジネスの成功につながります。

企業が海外に進出する場合には大きく分けて2つの書類が必要になるものです。1つは商品の効果やその使い方を実際に海外の利用者に説明するための取扱説明書と、もう一つは海外でビジネスを行う際の様々な契約や、代理店やパートナーが存在する場合にはそのパートナーとの契約内容を示すための契約書です。これらの書類はどちらも非常に重要なものであり、誤りが許されないことから翻訳会社に依頼をして現地向けの文章にすることが多いのですが、この場合に翻訳の考え方を誤ると様々なトラブルを生み出してしまうことになるので注意をしなければなりません。

翻訳会社には大きく分けて2種類の会社があり、1つは原文に忠実に翻訳を行う会社と、現地の状況や文化をよく知り現地のこれらの文化に合わせた形で翻訳を行う会社です。原文に忠実に翻訳をすることができる会社の翻訳サービスは基本的には日本国内で使用している様々な文章を現地の言葉に書き直しただけであるため、こちらの権利や義務などを明確にする上では非常に重要な意味を持っています。

しかしその内容が現地の文化にそぐわないことも多く、万が一トラブルが発生した際に様々な面で意見の食い違いが生じてしまうことも少なくありません。そのためには現地の文化をよく理解した上で適切に伝えることができるような翻訳サービスを行う会社に依頼することが必要となるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *