翻訳会社のオフィスに行ってビジネスを依頼する

翻訳会社にビジネスを依頼する時は、メールや電話を使うことが多いです。

その会社のオフィスまでわざわざ足を運ばなくても、いろいろな打ち合わせができる便利な方法です。でも、翻訳会社のオフィスにビジネスの依頼に行っても構いません。良心的なところだったら、オフィスに行ったら翻訳会社の営業担当者が対応してくれるでしょう。ビジネスをするには、信頼関係を作りだすことが必要です。実際にその会社の人と会うことで、きちんとした信頼関係を構築できるようになります。

ビジネスの場で使われる書類にはいろいろな種類があります。どの書類もそれなりに重要ですが、契約書や特許の明細書などは特に大切ものです。この2つは法的な効力を持つからです。このような書類を依頼する時は実際にその会社まで行った方が賢明です。そこで働いている人を見て、信頼できるかという点や自分の会社との相性をさり気なく調べます。

きちんとした営業を続けているところだったら、問題を起こすことはめったにありません。しかし、メールだけの依頼よりは安心感を持てるようになります。オフィスに行くことには他のメリットもあります。料金の交渉が可能になる場合もあります。翻訳の料金は一般に高額で、特に専門的な和文英訳や珍しい言葉の場合は高いことが多いです。高額の場合でも交渉によって、値引きしてもらえることがあります。最初は値引きに否定的でも、繰り返し頼めば値引きしてくれることもあるのであきらめることはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *