翻訳会社で働きたい人必見

翻訳コーディネーターという職業は翻訳業界にとっては大切な職業で、翻訳者と依頼者の橋渡しとして存在しています。

翻訳会社に所属してお仕事を行なっているので、会社を通して代表するお仕事でもあります。まず最初に仕事内容としては依頼をしてきたクライアントとの打ち合わせから始まり、そのクライアントが求めているニーズが何かを分析しながら、そのニーズを満たしていくために何が必要であるかを判断していく能力が求められてきます。単純に単語だけを日本語に訳しただけでは相手に伝えることができない場合もあるので、まずどのようにクライアントのニーズを満たしながら相手に伝えていくかということが鍵になります。

一番大切なのはお客様であるクライアントが何を求めているのか、どのような目的で翻訳を依頼してきているのかということを考えなければなりません。そのため満たしているかどうかを最終的に確認していく必要があります。最初は大変なこともたくさんありますが、非常にやりがいのある仕事で、会社側としてはなくてはならない存在になるため自分の仕事に誇りをもって行うことができます。

自分がいなければ翻訳会社は成り立たないという責任を背負いながらも誇りを持ち周りからも尊敬の目を向けられ仕事を行うことができるということが翻訳コーディネーターの面白さでもあります。実際になるためには特別な資格は特に必要なく英語力に関してはあまり問われないこともあります。トイックの点数は求められることもありますが、翻訳コーディネーターは翻訳をすることがないので翻訳家ほどの英語スキルは必要ないと言われます。能力があっても向き不向きがあるので、分業以外のところでは営業スキルや交渉力、管理能力やクレーム対応などが大切になっていきます。そうした複数のスキルを組み合わせて翻訳会社で働くことは自分が適正であるか判断していくことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *