翻訳会社で働く方が良いか

翻訳家という職業は外国語で書かれている文章を日本語に翻訳していくという仕事です。

翻訳といっても、様々な分野があり映像翻訳や芸文翻訳などがあります。翻訳会社で働くとするとベテランになれば年収一千万以上稼ぐことも可能ですが、その一方で仕事量があまり多くないので他の仕事をしながら副業的に続けているという人も実際にたくさんいます。元々翻訳家として働く人々には高い語学力や専門知識を多く求めていましたが、最近では個人事業という形で経験がそんなに深くなくても簡単に翻訳の仕事を行うことが可能になってきているという現実があります。

しかし翻訳会社で働くとなると単に翻訳をするだけでなく、ニーズに合った翻訳を行わなければならないということがあり、また翻訳をする相手にもテキストをとらなければならないので何かと多くの苦労があることも事実です。そのため自分がどのように翻訳をしていきたいのか最初に考えていく必要があります。

外国人と日本人の橋渡しとして翻訳会社で働いていくのか、個人事業としてただ翻訳をすることを仕事としていくのかはその人に合う合わないがあるので、自分のタイプを見極めどのスタンスで翻訳を行っていくのかを思考していく必要性があります。このようなことを踏まえながら翻訳会社で働くべきかを考えると実際にいざ仕事場で働いた場合であっても続けていくことが可能だと感じるので、まずは自分に適した環境がどうであるかを考えましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *