翻訳会社の選び方と希少言語について

希少言語と聞いてどのような言語をイメージされるでしょうか。

例えば、アフリカ各地では様々な言語が使用されており、これらの希少言語の一つと言えますし、アラビア語なども希少言語の一つに数えられています。翻訳会社の中には特殊な言語の翻訳を可能にしているケースも多くありますが、翻訳者の数が少ないことや対応可能な翻訳会社数も少ないなどからも希少言語の翻訳料金は高めです。メジャー翻訳言語には英語や中国語、韓国語などがありますが、これらを対応している翻訳会社の数は膨大にあるわけですから、高い品質を持つ会社でもそれほど高い料金設定が行われているわけではありません。

どうしてもアフリカの言語の文章を日本語にしなければならない、もしくは日本語をアラビア語に翻訳をしなければならないケースも出て来ます。このような時には、どのような会社を選ぶべきか把握しておくと安心です。希少言語の市場はそれほど大きなものはありませんので、翻訳料金以外にも実績を持つ会社が少ない、翻訳者の数も少ないなどからも、実績を確認することが難しい点です。

さらに、特定の分野に限定されることが多くあるので、仕事が発生する以前から対応可能な翻訳会社探しをしておくことも大切です。ちなみに、経験や実績が豊富にあると言っても、どのような分野での経験が豊富にあるのか、これを確認しておかなければ適切な訳文を作り上げることはできません。そのためにも、翻訳会社の情報収集は重要なポイントになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *