希少言語の翻訳会社の選び方について

翻訳と聞くと日本語を英語にする、最近は中国語や韓国語などの需要も増えており、対応可能にしている翻訳会社の数も急増しています。

中国語や韓国語がメジャーになっている現代ではありますが、訪日外国人観光客の急増、従来市場の飽和などによる海外市場開拓の中では、従来馴染みがなかった希少言語のニーズも増えつつあります。希少言語と聞くとタイ語やベトナム語などのイメージを受けやすいかと思われますが、インドネシア語なども含めて今の時代はあまり珍しい言語ではなくなっており、希少言語はないのではないか、などの考え方をする人も少なくありません。

アラビア語やトルコ語、アフリカの中には様々な言語が使用されており、これらは珍しい言語とも言います。新しい市場への参入、海外パートナーとなる国々の言語の翻訳は重要性が高まっており、翻訳会社の中でも希少言語を対応可能にしているか否かは利用される企業にとってとても重要な部分です。馴染みが薄い言語は英語とは異なり、翻訳会社にとって独占できる言語とも言えましょう。

他の会社では行うことができないわけですから費用面についても高めに設定が行われているケースは少なくありません。また、料金が高くなる理由の一つに翻訳者の数が少ない点もあります。英語は世界共通などの理由からも英語の翻訳料金はそれほど高くはありませんし、最近は中国語や韓国語の需要が高くなっているため、翻訳会社や翻訳者数も急増しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *