優良な翻訳会社を見つけるポイントとは

翻訳会社とは、ある言語で書かれた文書を他の言語に翻訳(変換)してくれるサービスを請け負っている会社です。

趣味で外国語の歌詞や小説を訳するような場合はともかく、ビジネスなどで正しく翻訳する必要がある場合に利用することが多いでしょう。言語の翻訳というと単純なサービスと捉えがちですが、優良な翻訳会社を探す際には留意すべきことがいくつかあります。まず、翻訳の依頼を失敗しないためにチェックすべきことは、その翻訳会社がどのようなジャンルの翻訳を得意としているかです。

一口に翻訳といってもさまざまなものがあります。教科書や辞典のように原文が比較的硬い文体で構成されているものと、小説や雑誌など最新の造語も含まれているようなものでは、翻訳する際に必要な知識も技術も違ってきます。若者向けの流行小説の翻訳を、百科事典や古典しか扱ったことがない会社に依頼するのは得策とはいえません。会社の規模にもよりますが、すべてのジャンルの翻訳家を常時抱えている企業は少なく、自分たちの不得意分野になると他社に依頼することもあります。

その分、翻訳料が高くなってしまいますので、依頼しようとしている会社の翻訳実績を調べることが重要です。また、翻訳を依頼する際に、業務として何をしてくれるのかをきちんと確かめておくことも大切です。たとえば雑誌のような媒体を翻訳依頼する際、テキスト部分を他言語に翻訳してくれるだけなのか、レイアウトデザインまでやってもらえるのかといった確認です。料金が別に発生するのかも確かめる必要があります。反対に言うと、依頼した際にどこまでの工程をやればよいのかを確認してくるような企業は、翻訳会社として優良である可能性が高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *