翻訳会社の正しい選び方

翻訳会社を利用する時に覚えておきたいのは、目的に合っているのかという点についてです。

映画の字幕に使うのか、機械のマニュアルに使用される翻訳なのかによってかなり内容が違ってきます。さらに医療や法律に関係するものであれば、専門用語に精通していなければならないのです。次にその翻訳会社では誰が作業するのかも調べておきたいものです。中にはコンピューターが翻訳をしているケースがあって、意味がわかれば良いという程度なら依頼すると良いです。それに急いでいる場合にもこのようなところは向いています。

ただし不自然な日本語になる場合が珍しくなく、お客様などに見せる書類なら避けておく方が無難です。もしも第三者に渡すものであればやはり人が翻訳しているところを選ぶようにしたいです。加えて微妙なニュアンスや現地で使われる言い回しなども正しく翻訳して欲しいなら、ネイティブなスタッフがいるのが望ましいです。それらを踏まえて翻訳会社を探しておきたいですし、それ以外にも過去に手がけたものを見せてもらうのも良い方法です。

内容がわかると困るような書類なら、どのような企業からの依頼を受けているのかを聞いてみます。一度くらい名前を聞いたことがあるほどの大企業や、国や市町村からの仕事をこなしているところなら、かなり信用ができる翻訳会社だと考えて差し支えがないです。しかもプライバシーについても高いレベルで守られることが期待できますから、候補に入れておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *