翻訳会社はオーダーメイドな翻訳を心掛けて

翻訳会社の良し悪しは、クライアントのニーズをとらえられるかどうかです。

まず依頼者の意向を聞いてから翻訳に取り掛かるかどうかで翻訳の結果が違ってきます。例えばIT業界の会社でお客様向けの説明パンフレットを作成しようとすると、業界用語が多くなりますから業界に詳しい翻訳者が必要になるのです。どのレベルによる翻訳が必要かは事前に伝えておくと納品後のチェックが楽になります。できればオーダーメイド感覚の翻訳ができることが望ましくなります。

専門用語をわかりやすく翻訳してくれるのが一番です。ニュアンスを伝える翻訳をできれば、それを配慮してくれる翻訳会社を選ぶのです。これはニーズがあるから翻訳を依頼するので、個々の会社の事情に合わせて仕事を仕上げてくれることがクオリティの高い翻訳になります。翻訳会社は、多くの会社の翻訳を受注してスピーディな処理を心掛けています。依頼者の望む翻訳ができないと判断すれば断ることになるでしょう。コストを追求する以上どの程度の翻訳ができるかはサンプルなどを見せてもらって確認しておくことが大切です。

翻訳会社への依頼は、最初のお付き合いで満足した結果が出るかどうかがポイントになります。翻訳の質が良いと継続して依頼するケースが多いです。従って人気がある翻訳会社ほどきっちりした仕事と納期を守ってくれます。依頼者が、できるだけ望んでいる翻訳をできるかは、その要望を聞いて翻訳者に伝えてくれるコーディネーターの実力にかかっているといっても過言ではありません。優秀なコーディネーターがいる会社は、信頼がおけます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *