翻訳会社とネイティブスピーカーについて

翻訳会社の仕事の中心は、原文を他の指定言語に置き換える翻訳です。

日本語での会話を、英語に置き換える時には、日常英会話が出来る人であればそれほど難しい仕事ではありません。しかし、依頼したい文章が日常的な会話ではなく、技術的な要素を持つものなどの場合、言葉の意味を理解することが出来ないため、専門知識を持つ人でなければ適切な文章を作り上げることは不可能に近いものとなります。

特に、技術マニュアルなどの場合は、専門用語が多数登場する、その都度用語について調べているのでは作業性も悪くなります。翻訳会社のスタッフは言語力を持つと同時に専門知識を有する人々、技術マニュアルの翻訳依頼を行った場合、原文に書いてある内容を把握出来る、依頼者の希望に合うスタッフが対応するなどの特徴を持ちます。

また、翻訳会社の場合には母国語を普段の生活の中で使うネイティブスピーカーがいるので、翻訳者から提出された原稿の中身をチェックし、正しく翻訳が行われているのかの確認をすることも出来ます。ネイティブスピーカーも専門知識を持つ人物などの場合、本人が直接翻訳を行うこともありますが、ネイティブチェックについては別のネイティブスピーカーが行うケースもあるなど、第三者が訳したものをチェックすることで翻訳の品質が向上します。作業における手間が多く掛かることになるので料金も少々割高になりますが、品質を求めたい時などは、ネイティブチェックが可能な翻訳会社を選ぶと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *