翻訳会社の業務はこれから専門分野に移行する

これまで翻訳会社の業務は多岐にわたっていたといっても良いでしよう。

日常会話からビジネスまで、何でも国をまたいだ取引や情報交換があるときには翻訳会社の仲介が必ず必要になったのですが、最近は翻訳ソフトが登場した事で、この状態が一気に変わりました。今の翻訳ソフトはモバイル端末を持っていれば誰でも使う事が出来る上に無料で使用できて、そのうえ高性能と着ているわけですから、これを利用する人が世界中で爆発的に増えてきたわけです。

ですから、この分野で仕事をしていた翻訳会社はいきなり仕事を取られたような事になってしまいました。相手はツールですから、これに人が立ち向かっても勝ち目はありません。人の翻訳は必ず費用が発生しますが、ツールは無料で使う事が出来るわけですから、将来的にもこれに勝つことは不可能です。となれば、翻訳会社はツールが関係しないところで勝負をしなければならなくなります。

それが専門性がある分野という事になるわけです。専門分野は専門用語であふれているので、ツールはなかなか参入できません。ツールは人工知能を使用しているのですが、この人工知能は莫大な情報による経験を積むことで今の高性能の機能を獲得するようなシステムになっているので、少ない情報しかないところでは機能しないという事があるからです。日常会話のようなものはデータも莫大にあるので、これを人工知能が習得することは出来るわけですがね専門性の高い分野は難しいので、ここで翻訳会社は勝負をするしかありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *