翻訳会社が使用している自動翻訳ソフトについて

仕事の中で英語の文章が度々登場するなどの場合、インターネットの翻訳サービスを使って簡単に日本を英語にしたり、英語を日本語に訳することが出来ます。

これは自動翻訳機で、無料で利用可能なサービスなどからも言葉の意味を調べたい時などに活用されている人も多いのではないでしょうか。また、自動翻訳機の品質も年々向上しており、訳された文章の質が高くなっているなどからも、品質への要求度がそれほど高くない文章などで利用されるケースは多いと言えましょう。これに対して翻訳会社の場合は、翻訳者が自ら原稿を読み、依頼言語に置き換えながら文書作成を行う流れになります。

技術マニュアルなどの場合は、ある程度同じような言い回しの連続になることも多いため、翻訳業界の中で利用が行われている自動翻訳ソフトを使うケースも少なくありません。翻訳会社が利用する自動翻訳ソフトは学習能力を持つもの、ネイティブスピーカーにより指摘を受けた部分は、必ず反映させる、新しい翻訳を行う度に登録を行うなどして翻訳の質を高めて行きます。

自動翻訳ソフトはあくまでも翻訳のサポート、ソフトでは翻訳が出来ない部分は、翻訳者が従来通りのやり方で文章を書きます。ある程度、ソフトを使って作業を行っても、100%ではありませんし、ソフトで翻訳を行った部分も、読み返して正しいか否かを確認するので品質が高いものになります。翻訳ソフトを使うことは翻訳会社中での効率化にも繋がって来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *