信頼できる翻訳会社を選ぶ

翻訳会社は日本だけでなく世界中に数多く存在します。

外国語の書籍を読めるのは、翻訳会社による翻訳業務があるからです。しかし全ての会社が100%信頼できるという訳ではないので、より良い品質の仕上がりを望む場合は吟味して選びましょう。大手から個人運営まで色々ありますので、会社概要や所在地、代表者名や問い合わせ先などがしっかり明記されているかを確かめる必要があります。実績や評判を調べることも大切です。

翻訳会社によっては扱っている言語に差が出ます。多くの言語を扱っているところと、英語と日本語を主に翻訳しているところがあります。また、取り扱いの分野を確認しましょう。依頼した内容の知識が全くない翻訳者に訳された場合、書の内容は全く期待外れになってしまうこともあります。英文法として間違いのない訳し方でも、日本語にすると違和感のある文章になると、その本の価値は下がってしまいます。

通常はホームページなどで確認できることがほとんどなので、一度見てみる方が良いです。翻訳する文献には小説や童話、論文だけでなく、契約書や戸籍謄本などの場合もあり、個人情報が含まれるものもあります。このような翻訳を担当するのですから、守秘義務がしっかりしている翻訳会社を選ばなければなりません。

この体制が整っていない会社も多いので、問い合わせてみるのも良いでしょう。対応するコーディネーターや直接業務に当たる翻訳者、サポート体制やフォロー、料金も大事なことなので、これらを踏まえて全体的に信頼できそうな翻訳会社を探しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *