海外向けのサイト作成時の翻訳会社の選び方

グローバル化が進み、日本人向けのウェブサイトを作成するのは当たり前なのですが、海外向けに翻訳されたページも作成しなければなりません。

しかし、英語は不得手でどうしたら良いとサイト運営者や、企業のサイト担当者は頭を抱えているでしょうが、翻訳会社に以来するのが一番クオリティが良く、外国人に十分伝わるウェブサイトを作成できるでしょう。翻訳会社とは、名前の通り、日本語の文章を海外の言葉、主に英語に翻訳する会社のことであり、日本にもいくつかの企業があります。

翻訳の料金は会社によって変わりますが、大体の相場は、400文字あたり1、000円程度となっています。翻訳期間も変わってきますが、平均して4日以上となっていて、他の言語にも翻訳すると、さらに延びる場合もあります。翻訳会社はサイト内の翻訳以外にも、外国人向けの契約書や企画書も作成依頼することが可能で、その際の守秘義務、個人情報や企業秘密をしっかりと漏洩を防ぐ会社を事前に確認をすることが大事となっています。また、料金設定も事前にしましょう。

あまりありませんが、他の翻訳会社よりも割高で設定している会社もあるので、相場をネットの口コミや本社に直接問い合わせで調べましょう。また、しっかりとした翻訳がされているのか確認することも大事です。英語といっても、外国人に伝わらない、ネイティブではない翻訳をすることもまれにあるため、納品後もしっかりと翻訳会社に確認を取りましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *