翻訳会社の今後の生き残り戦略

翻訳会社は今はとんでもないぐらいの厳しい状況にあるところが多くなっているはずですから、今後の生き残り戦略を検討してすぐにその方向に足を踏み出す必要が出てきているといえます。

何しろ今の翻訳会社の競争相手は自動翻訳ソフトというとんでもないソフトが相手になっているので、まともにこれに戦いをしても勝てる見込みはありません。自動翻訳ソフトは検索会社という翻訳会社とは全く別の分野の会社が出してきたソフトで、これが出てきたのはまさに驚きと言っても良いでしょう。検索会社のソフトですから、何と翻訳のプロでなくても作れてしまうという事が出来たという事も言えるのかもしれません。

自分で成長して学んでいくというセルフラーニングの機能を持ち、常に自分自身を進化させることが出来るというとんでもない能力によって翻訳のスキルを獲得して、これを使えるようになってしまったという事です。そのため、翻訳会社は今後このソフトが活躍するとこでは競争相手になりません。というのは自動翻訳ソフトは無料で使用出来てしまうので、そのようなものとビジネスを争う事は出来ないからです。

出来るのは、翻訳ソフトが活躍することが出来ない分野で頑張っていく事が必要になります。翻訳ソフトは膨大な経験を必要とするので、そのような経験を与えることが出来ない、専門的な分野というのがまず翻訳会社の今後の生き残り戦略で重要な分野という事になるのかもしれません。また、正式契約文書などの書面作成などの分野も考えられるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *