翻訳会社の利用について

輸出産業が主流の日本の企業にとって、翻訳会社は役に立つ会社となっておりその需要はたいへん伸びています。

特に中小企業では、翻訳のできる人材を確保するのは難しいでしょうし、大手企業でも限られた人材しかいない場合もあります。海外企業との契約書や販売・売り込みに関するプレゼン資料、商品の取扱い説明書など翻訳が必要な場面は多々あります。又、英語だけではなく、取引の相手先の言語で訳さなければならない場合も多いため、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語など多岐にわたる翻訳が必要になります。

特にアジア圏との貿易が多くなっているため中国語の需要が多くなっています。翻訳会社を選定する場合重要なのは、もちろん翻訳の技能・スキルです。翻訳会社にはスタッフのスキルによって得意な言語と対応が難しい言語があるので、事前にしらべてから発注した方がよいでしょう。次に、仕事が完了するまでのスピードも重要です。ビジネスには納期が付き物ですし、緊急対応が必要な案件も多くあります。スピードについても依頼しようと考えている会社の実績をクチコミなどで調べてから発注した方が良いでしょう。

又、依頼物件の業界に実績があるかどうかも重要な選定理由になります。業界にはそれぞれ専門用語があり、専門知識の無い翻訳者が担当した場合、全く異なった意味に翻訳されてしまうことがあるので十分な注意が必要です。翻訳を一度お願いして問題なければ、継続して同じ会社・同じ翻訳者に依頼したほうがこちらの内情や知識に詳しくなり、翻訳の技量がアップするのでお薦めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *