翻訳会社の料金比較のポイントについて

翻訳会社に仕事を発注する時には、原文を正確に翻訳が出来る会社を選ぶ必要があります。

日常的な会話を英文にする、使用目的がそれほど重要ではない場合であれば、日本語から英語の翻訳が可能な会社であればどこに依頼をしても良いのですが、専門用語が多数登場するような技術文書などの場合、原文を理解出来なければ例え言語に精通している翻訳者でも、英語への返還が難しくなります。

技術翻訳を可能にしている事、しかも専門知識を持つ翻訳者がいる、過去の実績の中で対象となる技術翻訳の経験を豊富に持つなどの条件が必要です。翻訳のニーズの中には、紙に書かれた文章だけでなく、電子データやインターネットのホームページ、中には音声データなど様々です。

音声データをテキスト化する事をテープ起こしと呼びますが、テキスト化する際に翻訳が必要な時も、翻訳会社に頼めば、テープ起こしと翻訳を合わせて行って貰えます。但し、音声データの内容が日常会話と専門的な会話の場合では、依頼する翻訳会社も変わります。

尚、翻訳会社の翻訳料は会社により異なりますし、翻訳をお願いする原文や媒体などによっても変わります。

一般的に技術翻訳は専門性が高いため料金設定を高めにしている会社が多くありますし、ホームページの記述言語でもあるHTMLの翻訳などもコーディング料金が翻訳料とは別に発生するケースもあるので、ニーズに応じて翻訳会社のホームページをチェック、料金を比較しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *