翻訳会社に登録を考えているなら

今や働き方は多様性に富む世の中となり、在宅でもインターネットに接続できる環境さえあれば、満員電車に乗らなくても収入が得られるようになりました。

在宅業務で人気の職種と言えば、翻訳が挙げられます。特に海外に在住しており英語をはじめとする日本語以外の言語に自信がある人にとっては、翻訳会社に登録してコンスタントに仕事がもらえるようになれば、願ったり叶ったりなのではないでしょうか。

しかし、中にはせっかくトライアルの試験に合格したのに、なかなか翻訳の仕事が舞い込まないという例も少なからずあります。翻訳会社は納期が迫っている案件や難しい案件は、既存の翻訳者に任せるという傾向があるので、新規の登録でこれから頑張りたいという人は、それなりの工夫が必要となります。

一番おすすめなのが、同じ翻訳をするにしても得意分野を持つことです。特に医療関係や特許等の翻訳に秀でている人は一度翻訳会社から信頼を得ることができれば、続けて同じような案件を任せてもらえる確率が高くなります。

特に強い分野がないという人は、最初のうちは仕事を断らずに必ず納期を守るようにしましょう。そして土、日でも積極的に仕事を受けるという姿勢を表に出すようにします。どんなにベテランの翻訳者でも、最初の一歩というのは必ず存在したはずです。

これから翻訳会社に登録を考えているという人は、長く続けて行かれるように自分にとって最適なはじめの一歩を踏み出せるように努力することが肝心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *