翻訳会社の失敗しない選び方

グルーバル化が進む日本においても、まだまだ外国の言葉を問題なく話せて対処が出来るという人ばかりではありません。

そんな時に頼りになるのが翻訳家という職業の方ですが、個人的に仕事を頼むのでない限り、一般的にはまず翻訳会社を探すでしょう。では失敗しない翻訳会社の選び方はどういうものでしょうか。まずはスタッフの対応を見なくてはなりません。電話やメールなどで対応するスタッフは翻訳者ではありません。しかし客の要望を聞いて的確な翻訳者を選び、作業全体をコーディネートする人ですから、ここの対応が悪ければ注意が必要な翻訳会社ということになります。

見積もりや名がある企業かどうかということよりも、まずは窓口となるスタッフが信頼出来るかどうかで判断しましょう。翻訳過程は会社によって様々です。コーディネーターの体制や翻訳者との連携が成果や納期に大きな影響を及ばしますので、注文した媒体や原稿などがどんな管理をされているのかを確認して、少しでも疑問や不安があれば電話やメールでコンタクトをとるようにしましょう。

そして当然、機密保持誓約書が用意されているかのチェックはしましょう。これが整っていない会社であれば、それは管理体制が甘い会社だと判断していいでしょう。ワキの甘さは成果や結果にも必ず繋がってきますので、機密保持誓約書のサンプルや雛形を要求しましょう。そして勿論、翻訳料金が明確かどうか、納期や納品形態は適切かもチェックが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *