翻訳会社もAIの導入を考えるべき

これからは翻訳会社もAIの導入をして業務の効率化やチェックに役立てるべき時代になったのかもしれません。

自動翻訳ツールが登場したことによって、日常会話レベルの翻訳はAIによるコンピュータの方が正確さも利便性もコストパフォーマンスも勝るようになっていますし、精度という点でも自動翻訳ツールの方が優れているといってもいいでしょう。そして、さらに自動翻訳ツールはこれから進化するという事を考えると、これに対抗するのではなく、これを活用するという事を考える方が良い事は誰の目にも明らかです。

翻訳会社がAIを使ってどうするのかというと、自分たちの翻訳のチェックに使ったり、翻訳ツールの出来ないところを調べたりすることで、自分たちが出来るところを見つけていくという事が出来るようになります。つまり、AIが苦手なところを見つけていく事が出来るようになるというわけです。今は翻訳会社は自動翻訳ツールにさまざまな仕事を取られている状態ですから、このまま何もしないでいると、ほとんどの仕事はAIがしてしまうようになるでしょう。

翻訳会社は潰れていくしかないような状況になってしまいます。ですが、AIが出来ないことが分かれば、その分野に注力して力を注いでいく事が出来るようになります。AIは万能のように見えて実はそうでない事も多々あります。例えば経験を積むためには膨大なデータが必用になるということも欠点で、専門性の高いようなところはデータが少ないので、活躍することは出来ません。こうした所に活路があるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *