原語に応じた翻訳会社の選択

翻訳は依頼主の意図した言葉の意味を正確に原語から他国語に移し替える必要があります。

翻訳会社によって得意分野があり、スタッフによってスキルも違ってきます。機械的な翻訳のように文脈がくるっていて伝わりにくい場合、ビジネスにおける意思の疎通は難しくなります。翻訳は文面だけでなく文字通りの正確さが必要とされるために細部のニュアンスまでも他国語で再現されるべきですが、限界もあるためにビジネス文書としてはある程度の妥協は必要になります。

ビジネス文章は専門性の高いものでない限り非常に平板なものも多く、意図している会話は成立しやすいといえます。翻訳会社には様々な言語に通じたスタッフを取り揃えていますが、ビジネス上の共通言語でまとめられている分英語の比重は高くなります。仕事上のやり取りであれば、メール形式の短い文書は何とか理解できても報告書などのようにまとめられたものに関しては専門的な知識も必要になってきます。

翻訳会社に依頼する文書はある程度自分でも理解できることが必要で、翻訳するスタッフすべてが専門的な知識を身に着けていることを期待するのは不可能なために、今後はある程度の翻訳のスキルをビジネスマンとして身に着けることは大切です。ビジネスにおける翻訳は完全に仕事に直結してくるために、絶対に手の抜けない部分です。依頼する会社選びは評判や口コミなどを参考にしたうえで、目的に合った会社を選ぶことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *