翻訳会社が業務転換に追い込まれている理由

最近は翻訳会社が次々に業務転換をしています。

理由は大手の検索会社が作成した自動翻訳ツールにあります。何しろこれは、自動的に音声で翻訳をしてくれるというとんでもないツールですから、これによって翻訳会社の業務のほとんどを奪っていっているといってもいいでしょう。基本的に日常会話レベルの仕事はまずこれに取って代わられています。この自動翻訳ツールはモバイル端末に入っていて無料で使うことが出来て、リアルタイムでの翻訳が可能で、音声入力も音声出力もその場で出来てしまうので、もう人による通訳やガイドのような事も必要無くなってしまったのです。

これは翻訳会社にとっては正に寝耳に水だったかもしれません。何しろ検索会社がこのようなものを出してきたわけですから、これはびっくりということだったに違いありません。検索と翻訳は本来は異業種も異業種で全く関係がないはずなのですが、それが自分たちの仕事を奪っていくツールを開発するなど思いもしなかったでしょう。

ですが現実として仕事が無くなっているわけですから、業務転換をして自分たちの存在価値を作っていく必要があります。とすれば出来ることは専門的な分野で活躍をするという事を考えるしかないでしょう。専門的な分野は情報が少ないので、自動翻訳ツールでも翻訳をすることが出来ないわけです。恐らくは将来的にもこの分野は自動翻訳ツールでは出来ないでしょうから、ここなら翻訳会社が生き残る事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です