専門分野に強みを持つ翻訳会社を選定する

日本国内の事業者や顧客向けにサービスを展開していた企業も、今や外国企業と取引をしたり、海外へ進出することが珍しくない時代です。

また、海外企業に買収をされたことで急に外資系企業になり上司や株主が外国人になる場合もあります。これまで行われてきた社内会議やメールももちろん、資料の作成や報告書も英語になるかもしれない時代です。語学に自身がある方が多い部署であれば問題はないものですが、語学は1日にして上達するものではないので、場合によっては翻訳会社に業務委託をすることもあるでしょう。翻訳会社は得意とする専門分野が異なりますので、選定をする際には翻訳をお願いしたい分野と一致する翻訳会社を選ぶ必要があります。

工業分野に強い会社、医療用語に強い会社、法律の専門家が揃っている会社など、翻訳会社も様々です。それぞれの分野の強みを活かした翻訳を行っている上に、報告書などを提出する先の企業の企業風土にも合わせる必要があります。例えば、アメリカの企業にはアメリカ英語で、イギリス企業であればイギリス英語を用いる方が相手には好感を持たれることでしょう。業界に精通した翻訳会社であれば業界では常識的に使用されている翻訳用語や言い回しも上手に訳してくれます。

業界に不慣れな場合、微妙なニュアンスが上手く訳しきれない場合もあります。また、業界に慣れていれば翻訳の速度も早いので納期も早くなることが期待出来ます。翻訳の実績などを確認しながら発注するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *