料金に見合った翻訳会社はどのようなものか

全国には翻訳会社がたくさんあり、ビジネス・文芸・工学・IT・法律・医療など世界中の言語で書かれたものを日本語に訳し、情報を発信する手伝いをしています。

翻訳会社は価格とサービスの質が比例します。安価であることだけを求めて依頼してしまうと、後から後悔してしまいます。できあがった翻訳が求めていたものと異なっていて大幅なやり直しを行った結果、かかった料金が当初より割高となってしまうことも珍しくありません。また時間もかかってしまっていますから、料金が高くても最初から価格と見合ったサービスを提供する翻訳会社に頼めばよかったと思うこともあります。

単に価格だけを見て判断せず、翻訳グレードごとのサンプル・価格が表示されているか、アフターサービスが整っているかをチェックして、翻訳会社を選択するようにしましょう。一般的に翻訳会社はその実績が多いほど、質の高い会社であると言えます。重要な点は、過去実際に翻訳したものはどのような文書でどのような読み手に対して翻訳されたものなのかを知っておくことです。その会社がどの分野の翻訳に強いのか、求めている翻訳が依頼会社の得意分野かどうかはチェックしておく必要があります。

また相場よりもかなり安価な料金であるときも要チェックです。翻訳クオリティが低かったり、専門性が求められる翻訳に専門外の人が行っていたりすることもありえます。医療や工学などの分野は、直訳できない微妙なニュアンスや意訳が必要となるケースが存在します。専門家や多数の経験がある翻訳者が専門分野の翻訳を行うから、高クオリティなものができるのです。それから良いところは対応が早いことが多いです。

見積もり・質問・連絡などの際、迅速に応対するところは安心ですし、なにより誠実さを感じます。いい翻訳を納品したい、またリピート注文を貰いたいという意気込みを感じますから、必然的に良い翻訳内容であることが多いものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *