分野毎に異なる翻訳会社の料金形態について

翻訳会社の仕事の中には日本語の多国語化、技術文書の翻訳、会議議事録や会議の中での会話をテープやICレコーダーに記録を行い、それをデータ化するテープ起こしや文字起こしなどの作業など様々な業務を担ってくれます。

テープ起こしの場合は会話の言語を異なる言語に訳して納品するなどのケースもあります。

これはテープ起こしと翻訳2つの作業を同時に依頼が出来る依頼者側の利点もあるわけです。翻訳会社に依頼した時の料金は1文字やA4サイズ1ページ当たりの単価で決められているケースが多くあります。

日本語の場合は1文字当たり、A4サイズ1ページ当たりなどのように料金設定が行われているのに対し、英語やイタリア語、フランス語などは1ワード当たりいくらなどのように料金設定が行われているケースが多いのが特徴です。

また、英語よりもフランス語やドイツ語の方が翻訳料金が高くなるケースが少なくありません。

英語圏の翻訳者数が多いなどからも翻訳料金は安くなっている、逆にフランス語やドイツ語の翻訳者の数が少ないなどの理由からも料金が高くなっているわけです。

しかしながら、翻訳会社には数多くの翻訳者が存在しているわけですから、料金に差があるのはおかしいと感じる人も多いのではないでしょうか。翻訳会社が受注する仕事の中には専門的知識を有する翻訳者でなければ出来ない仕事も多数あります。例えば、医療に関する事、法律に関する事などは専門性が高いなどからも翻訳分野や言語に応じて翻訳料金が変わります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *