契約時は翻訳会社の翻訳レベルや価格を確認する

日本国内だけに留まらず、近年では世界に向けて事業を拡大していかなければ企業の将来に明るい日差しが見いだせない時代です。

人口が縮小していく日本に留まらずに海外へ進出していかなければ事業の継続さえ危ぶまれる時代になってきています。

そこで、これまで日本語だけで企業情報を発信したり、商品取引や自社の商品説明も日本語でしか行ってこなかったという企業であっても、今後は英語やその他の言語で取引を行わなければなりません。

そこで、早急に翻訳対応を行うためには翻訳会社への外注が必要になってきます。

翻訳会社も選定の際にどの分野に強みを持っているか契約を交わす前によく確認しておくようにしましょう。工業分野などでは独特の言い回しや専門用語なども多く、実績のある翻訳会社でなければ早い納期で的確な翻訳が出来ない場合もあります。

これまでどのような企業のどのような翻訳を手がけてきたのか実際に翻訳を行った内容も確認出来れば見せてもらうようにしましょう。

翻訳は意味が伝われば良いというものではありません。特にビジネスの世界ではビジネスの世界で通用する言い回しや表現がありますので、適正に翻訳を行える翻訳家を擁している翻訳会社に発注しなければ自社の信頼が揺らぎかねません。

翻訳の技能レベルの確認はもちろんのこと、価格も重要な選定のポイントになってきます。必ず複数の翻訳会社から見積もりを取り、価格が適正な企業を選ぶようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *