ビジネスパートナーとして翻訳会社を活用する意味

翻訳会社では翻訳を依頼したいときにスポット的に利用できるサービスを提供しているのが一般的です。

しかし、中には顧問弁護士や顧問社労士などと契約するのと同様に、ビジネスパートナーとして契約をしてくれる会社もあります。

このような方法で翻訳に特化した会社をビジネスパートナーにすると業務効率化を図ることができるだけでなく、それまでよりも業務を加速させつつ内容も充実させられる可能性があります。ビジネスパートナーとして翻訳会社と契約すると、翻訳に関して優先権を与えられるのが一般的です。

他の企業からの注文があったとしても、先に書類の翻訳をして納品してもらうことができます。そのため、必要が生じたときに速やかに翻訳後の文書が手に入り、スピーディーに業務を行えるようになるのが魅力です。

また、企業として活動している業界についての知識も持ってもらえるようになるため、翻訳のクオリティーも高くなります。発注が多い場合には必要な言語を扱える翻訳家をさらに雇用してくれることも珍しくありません。

費用面でも翻訳会社をビジネスパートナーにするとメリットがあります。スポット的に利用するよりも単価を安くしたり、定期契約で定額の支払いで済ませられるようになっているからです。

翻訳会社によって料金体系が異なるため、業務効率化をしつつ、コスト削減も目指す場合には年間の発注量を考えた上で有利になる料金体系を持っている契約先を探すのが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *