翻訳会社で翻訳の仕事をしている翻訳者について

翻訳会社の従業員が数名しかいないのにも関わらず、多数の言語を対応可能にしていたり、幅広い専門分野の翻訳を可能にしているなど、疑問に感じる事があるのではないでしょうか。

例えば、英語は勿論の事、ドイツ語やイタリア語など一人でそれだけの言語の翻訳は難しいと思えるものでも受注しているわけです。

翻訳会社の中には社内で翻訳者がいて仕事を引き受けている所もありますが、対応可能言語数が多い会社や幅広いジャンルの翻訳を可能にしている場合には、内部の翻訳者以外にも外注スタッフが数多くいるのが特徴です。

また、翻訳会社のスタッフは翻訳の仕事をするのではなく、翻訳者の管理を主に行い、仕事内容をチェックした上で、適切な翻訳者に仕事を振り分けるなどのコーディネーターとしての役割を持つ人材が多いのが特徴です。

ちなみに、翻訳会社に依頼がある仕事には専門性が高い分野の仕事もあります。電気や機械などの専門性が問われるもの、医療分野や法律に関するものなど、普通の翻訳者では翻訳作業が難しいとされる業務も多くあるなどからも、電気分野に強い英語の翻訳者やドイツ語の翻訳者、医療分野に精通しているドイツ語やイタリア語の翻訳者など、多国語展開が可能な翻訳会社には分野および言語毎に専属の翻訳スタッフが外注として存在しているケースが多いのです。

最近はメールでのやり取りが出来るなどからも、世界中に翻訳者を持つ会社もありますし、多方面での翻訳が出来るメリットを持っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *