テープ起こしを可能にする翻訳会社もあります

テープ起こしと呼ぶ作業がある事をご存知の人は多いかと思われますが、テープ起こしの作業を依頼する時には翻訳会社にお願いするのがお勧めです。

カセットテープレコーダーやICレコーダーに記録した会話をデータ化するのがテープ起こしです。

翻訳会社の場合は、記録が行われた会話を聞きながら文章にした後に他の言語に翻訳が出来る、もしくはデータ化する段階で翻訳を行って貰えるなどのメリットがあります。

テープ起こしはホームページに会話を文章にして掲載したい時、書籍を出版したい時など様々なシーンで必要になる作業と言えましょう。

また、ホームページを英文化したい時なども翻訳会社に依頼をすればHTML文書をそのまま翻訳して貰えるメリットもあります。ちなみに、ホームページの翻訳は文章だけではなくHTMLソースコード毎翻訳して貰う方が楽です。

文章だけを翻訳して貰った後にはHTML文章への盛り込み作業が必要になります。日本語を他の言語に訳した場合、画面レイアウトが崩れてしまう、表組が崩れるなどのトラブルが起きる事もあります。

翻訳会社にテープ起こしから翻訳、そしてホームページへの記述までを一貫してお願いすれば、個別に発注をしなくて済みますし、画面レイアウトも含めて作業して貰えます。ホームページの多国語展開をしたい時なども、翻訳だけでなくホームページのデータを渡せばHTML文書への翻訳を含めて完成品を納品して貰えるなどお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *